高齢者3万円給付 2016年 対象者・申請方法・手続きのやり方

MENU

スポンサーリンク

高齢者3万円給付 2016年 対象者・申請方法・手続きのやり方

老人 3万円給付金

高齢者向け給付金(年金生活者等支援臨時福祉給付金)が、賃金引上げの恩恵が及びにくい所得の少ない高齢者の方を支援するために実施されることになりました。
65歳以上対象とのことですが、3万円とは大きいですね。

 

高齢者給付金 制度の趣旨

  • 「一億総活躍社会」の実現に向け、賃金引上げの恩恵が及びにくい所得の少ない高齢者の方への支援
  • 高齢者世帯の所得全体の底上げ
  • 平成28年前半の個人消費の下支え

 

支給対象者

下記2つの要件を共に満たす方が対象です。
@平成27年度の臨時福祉給付金の支給対象である方 (要件を満たしているにも関わらず、給付金を受け取っていない方も含みます。)

 

A平成29年3月31日までに65歳以上になる方(昭和27年4月1日以前に生まれた方)。
※年金を受給しているか否かに関わらず、2つの支給要件を満たせば支給の対象になります。

 

高齢者向け給付金 金額

対象者1人につき30,000円(1回限り)

 

申請方法

高齢者向け給付金(年金生活者等支援臨時福祉給付金)を受け取るためには、基準日(平成27年1月1日)時点で、住民票がある市町村への申請が必要です。

 

具体的な申請方法や申請受付期間は各市町村によって異なります。詳細は各市町村へご確認くださいね。

 

各市町村の申請受付はこちらから調べてみてください。

 

またHPから申請開始時期や受付終了ものっているのでご自分の市区町村をチェックしてみてください。大体4〜5月ごろから申請を受け付けて夏の選挙前には終わるところが多いですよ。
確認してください。

 

国の給付金のHPはこちら

 


スポンサーリンク

個人でまとめたサイトですので、情報・内容が古くなっていることもありますので、高校授業料無償化で分からないことがありましたら必ず文部科学省のHPで必ず確認して下さい。