高校受験の流れ 進路の決め方・時期・中学校での説明会等の流れ

高校受験の流れ 進路の決め方

高校の志望校の決め方はどうやって決めているのでしょうか。

 

みんないつ頃きめているのでしょうか。いろいろ気になりますよね。

 

今回娘も高校受験を経験して無事第一志望に合格したので、愛知県での高校受験を受けるまでの中学校での学校の進路指導や説明会の流れについても紹介します。

 

学校の説明会の流れ

まず、学校の進路説明会とはっきりしたものがあったのが中3の11月頭だったので大変遅くて驚きました!
この説明会は子どもと一緒に親も参加する大きなものでした。(父親が参加している人も多かったです)

 

もちろん、夏休み前の三者面談などで話しはでるのですが、一番大きな進路説明会はうちの中学では11月。

 

12月に三者面談がありその前に進路を決定して話をしました。

 

冬休み前に、決定として高校をどこを受けるのかの進路の紙を提出して、面接のある私立を受ける子は冬休みに面接の練習がありました。

 

うちの娘は中2の終わりぐらいから行きたい私立があったので決めていましたが、他のお子さんも、中3の2学期でも結構ころころ進路は変わっていました。

 

やはり、いきたいところではなくて、「自分の学力でいけるところ」が、そのぐらいではっきり分かるからだと思います。

 

愛知県の場合 高校受験までの流れ

愛知県の場合

 

11月頭 進路説明会 進路希望調査用紙配布(数日後締め切り)
11月末 期末テスト
12月頭 2学期分の評定通知(私立高校はこの評定が関係)・進路希望確認書配布(翌日締め切り)
12月半ば 保護者会にて進路希望決定
12月半ば 私立推薦委員会にて私立推薦してくれるか決定(当日連絡)
12月下旬 私立の願書下書きから清書(子ども)

 

1月始業式後 私立高校願書&受験料振込用紙回収(それまでに払っておく)
1月半ば 学年末テスト(公立高校はこの評定が関係)
1月下旬 学年評定通知 進路希望確認者配布(翌日締め切り)
1月下旬 私立高校推薦出願(生徒達で出しに行く)
1月末 私立高校一般出願
1月末から2月頭 保護者会
2月頭 私立高校推薦合格発表
2月上旬 私立高校一般入試

 

2月中旬 公立高校一般&推薦願書下書きから清書
2月下旬 公立高校推薦出願・一般出願(生徒達で出しに行く)
3月上旬 卒業式
3月上旬 公立高校Bグループ学力検査・面接
3月中旬 公立高校Aグループ学力検査・面接
1週間後 公立一般&推薦 合格発表

 

高校 志望校・進路の決め方

  • 自分(お子さん)が行きたいところ
  • その中で行けるところ

 

ここが基本です。結構中3の1月最後のテストを終えて、志望校を変える人もいるのでギリギリまで大丈夫ですね。

 

もちろん、それまでの段階で志望校はきめてないといけないですが、最後まで学力は伸びるので、行きたいところがあるのなら、2学期までの学力であせって決めなくても大丈夫だと私は思いました。

 

ここかここに行きたいという、夏ぐらい〜冬ぐらいに決めている人が多く、第一志望が二つぐらいあるのが普通だと思います。

 

我が家の志望校の決め方

  • 学力があうところ
  • 校舎が綺麗
  • 大学推薦が多い
  • 楽しそうなところ
  • 学校から強制的に学習させるところより、自力で勉強するスタイルの学校
  • 通学時間が1時間以内

 

こんなことが基準になりました。
夏には学校見学にいけるのでそこで見て学校の雰囲気や部活などみて楽しめますね。
学園祭なども見に行きましたねー。

 

うちの子供は公立より私立のほうがあう感じだったので中二ぐらいから私が私立でおすすな学校を探して話をしていました。
というのも行きたいかなと思っていた公立は夏休み返上で勉強する、しかも部活は絶対入らないといけないと聞いていたので、ゆるく楽しく通いたい娘とはあわないなと感じたからです。

 

勉強だけなく、遊びのほうも余裕がある学校が、親としても良かったです。自分が高校時代、付属の私立高校に行っていて楽しかったので愛知県は公立王国ですが、私立にいかせたかったですね。

 

そういった中で、友達や先輩から話も聞いて志望校をかためました。

 

公立高校も見に行きましたが、本人も学校の古さや自転車で通う遠さ(40分以上自転車通学)がネックになったようです。

 

私立の推薦入試の流れは別で書いているので気になる人は読んで下さいね。


 

スポンサーリンク

個人でまとめたサイトなので、情報・内容が古くなっていることもあります。高校授業料無償化や制度で分からないことがありましたら学校か、文部科学省のHPや公的なHPで必ず確認して下さい。