大学授業料 「出世払い」検討 その内容とは

大学授業料 出世払いとは

大学授業料に出世払い制度が検討されています。その内容や時期・対象者・金額・申請方法等、分かる事からまとめています。

 

自民党の教育再生実行本部(馳浩本部長)が2018年5月3日の会合で、大学など高等教育授業料を国が肩代わりし、学生が卒業後、収入に応じて返済する「出世払い」制度を検討していることを話しました。

 

出世払い 対象者と支給金額

対象は世帯年収が約1100万円未満の学生とし、入学金約28万円の他、国公立大の場合、授業料約54万円を国が負担。
私立大の授業料支援は70万円と120万円の2案を示した。

 

対象世帯の年収

対象世帯の年収は現行の有利子奨学金と同様に約1100万未満に制限。とのことで所得制限がありますね。

 

返済方法

毎月の返済額を住民税の課税所得の9%、最低2000円と設定。
標準的な収入の正規雇用者の場合、国公立大で約12年、私大で約20年で返済が完了すると見込んでいる。

 

いつ決まる?

政府が経済財政運営の基本指針「骨太の方針」を策定する6月までに議論をまとめるとのことで続報が待たれます。

 

 

感想

出世払いという名前が、どうなのかと思いますが、出世しないと返さなくていいのかなんて声も聞こえてきそうです。
また、現在の奨学金との違いがどうなっていくのか?大学無償化はどうなるのか?などいろいろ気になりますね。


スポンサーリンク

個人でまとめたサイトなので、情報・内容が古くなっていることもあります。高校授業料無償化や制度で分からないことがありましたら必ず文部科学省のHPや公的なHPで必ず確認して下さい。