公立高校にかかる学費・授業料・費用

公立高校 学費 授業料

公立高校に子供を通わせるのにどれぐらいお金がかかるのでしょうか。
高等学校等就学支援金制度において公立高校の授業料は実質無償となっています。(条件付のため一部の人は外れます)

 

しかし、高校に通うためにかかるお金は授業料だけではありません。様々な面でお金がかかってきます。

 

この子供の高校生活にかかるお金を、文部科学省が隔年で「子供の学習費調査」として公表していますので最新の2016年(平成28年度)のデータを紹介します。

 

2019年の公立高校の授業料はほぼ変わりはないでしょうが、受験したり通う予定の学校のHP等でご確認ください。

 

今後の高校生活にかかる費用の参考にどうぞ。

 

スポンサーリンク

 

 

公立高校の受験料・入学金

 

平成30年度(2019年)

  • 公立高校の受験料2,200円(一部の県をのぞく)
  • 公立高校の入学金5,650円(一部の県をのぞく)
  • 授業料 118,800円(これが授業料無償化の対象になります)

 

一部の県は100円ほどの差があります。

 

 

公立高校にかかる年間学習費

 

学習費は学校教育費、学校給食費、学校外活動費の3つで構成されます。

 

  1. 学校教育費 27万5991円
  2. 学校外活動費 17万4871円
  3. 学校給食費 0円

 

年間学習費 合計額 450862円

 

1の学校教育費と2の学校外活動費の内訳を次から詳しく見ていきます。

 

1 公立の学校教育費の年間 内訳

 

  •  授業料         23,368円
  •  修学旅行・遠足・見学費  34,892円
  •  学校納付金等      49,762円
  •  図書・学用品・実習材料費等  40,662円
  •  教科外活動費      44,276円
  •  通学関係費       79,157円
  •  その他         3874円

 

学校教育費の合計 27万5991円

2012年の調査データでは授業料が0円でしたが2014年から所得制限が設けられたので現在は授業料を払わなければならない家庭もありこの2016年では増えました。

 

 

(注)1 「学校納付金等」とは,入学金,検定料,私立学校における施設整備資金,学級費,PTA 会費等であり,統計表の「学級・児童会・生徒会費」「PTA会費」「その他の学校納付金」「寄附金」の計である。
2 「図書・学用品・実習材料費」とは,授業のために購入した図書,文房具類,体育用品及び実験・実習のための材料等の購入費であり,統計
表の「教科書費・教科書以外の図書費」「学用品・実験実習材料費」の計である。
3 「教科外活動費」とは,クラブ活動,学芸会・運動会・芸術鑑賞会,臨海・林間学校等のために家計が支出した経費である。
4 「通学関係費」とは,通学のための交通費,制服及びランドセル等の通学用品の購入費であり,統計表の「通学費」「制服」「通学用品費」の計である。

 

 

2 公立の学校外活動費の内訳

A学校外活動費17万4,871円の内訳です。

 

  •  家庭内学習費   14,669円
  •  家庭教師費等    10,513円
  •  学習塾費     106,767円
  •  その他      10,753円
  •  体験、地域活動費 4,037円
  •  芸術文化活動費  9,836円
  •  スポーツレクリエーション 7,937円
  •  教養、その他  10,359円

 

学校外活動費の合計 17万4,871円

 

学校外活動費は保護者が子供の学校外活動のために支出した経費です。
補助学習費及びその他の学校外活動費の合計となっています。

 

補助学習費計→ 14万3000円
予習・復習・補習などの学校教育に関係する学習をするために支出した経費。

 

(各家庭での学習机や参考書等の購入費,家庭教師,通信添削等の通信教育,学習塾へ通うために支出した経費等)

 

その他の学校外活動費計→32000円
知識や技能を身に付け,豊かな感性を培い,心とからだの健全な発達を目的としたけいこごとや学習活動,スポーツ,文化活動などに要した経費。

 

(「体験活動 ・地域活動」,「芸術文化活動」,「スポーツ・レクリエーション活動」,「教養・その他」の4つに区分)

 

大学進学に向けた受験勉強に高い費用がかかる事がわかります。

 

公立高校 学年別の学習費

公立高校 学費 授業料

 

  • 高校1年生 516,662円
  • 高校2年生 471,549円
  • 高校3年生 363,125円

 

入学時は色々と買い揃えなければいけないので費用がかかるようです。

授業料以外に考えないといけないもの

制服が約10万円程度
体操服や教材など5万円程度
これに修学旅行積立金や、バスや電車を利用する場合毎月の交通費がかかります。

 

改めてみると、塾など別にいろいろお金はかかりますね。公立高校の授業料が無料になる人はありがたいですね。

 

幼稚園の3歳から高校3年生までの15年の全ての学習費総額

公立で幼稚園の3歳から高校3年生まで通った場合の15年の全ての学習費総額は540万円となります。

 

逆に全て私立で通った場合は1770万円となっています。

 

3倍以上の差になってます。公立で全ていくと安いですね。

 


 

スポンサーリンク

個人でまとめたサイトなので、情報・内容が古くなっていることもあります。高校授業料無償化や制度で分からないことがありましたら学校か、文部科学省のHPや公的なHPで必ず確認して下さい。